【ビジネス用】スーツにも合う人気・おすすめの通勤リュック20選!

通勤用のビジネスバッグといえばブリーフケースが定番ですが、最近人気が高まっているのがリュック(バックパック)です。

特に自転車通勤の方には両手が空くリュックタイプは最適。

通勤リュックはスーツにぴったりハマるシックなデザインはもちろん、ノートパソコンが収納できたり防水機能があるものなど機能性が高いものが多いです。

もちろんタウンユースでも使えるので、オンオフ兼用で活躍します。

今回は、人気・おすすめの通勤リュック15選を紹介します。

スポンサーリンク

人気・おすすめの通勤リュック20選

ザ・ノースフェイス シャトルデイパックスリム

アウトドアブランドの王様「THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)」のリュック。

スクエア型のスマートなデザインにさりげなく入ったロゴマークがポイントです。

こちらのバッグの魅力は「さすがノースフェイス!」と思わせるクオリティの高さ

1050デニールのコーデュラナイロンを使用したボディはとっても頑丈です。

メイン収納部分にはオーガナイザーを設置することでパソコンや小物類をすっきり収納できます。

とってもスリムなので邪魔にならないのも嬉しいですね。

ザ・ノースフェイス BC ヒューズボックストート

「TPEファブリックラミネート」生地を使用し摩耗強度に優れた「THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)」のリュック。

水や汚れに強いのも特徴です。

内部には書類などを整理して入れられるスリーブやオーガナイザーを装備。

荷物が少ない時には、サイドのストラップでボリュームの調整ができます。

ビジネス・カジュアル両方で活躍するデザイン性の高さも◎!

マンハッタンポーテージ Double Dare Convertible

アメリカ・ニューヨーク生まれのバッグ専門ブランド「Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)」のリュック。

こちらは本場ニューヨークでも人気のモデルでリュック、ショルダーバッグ、トートバッグの3Wayで使えるのが魅力です。

スリムボディで背負っても周りの邪魔になりません。

1000デニールのコーデュラナイロンを使用しているので耐久性もバッチリ!

マンハッタンポーテージ Washington SQ Backpack

マンハッタンの風景をモチーフにしたお馴染みのロゴマークがポイントの「Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)」のリュック。

シンプルなボディにレッドのロゴがよく映えます。

パソコンや書類が楽々入る大容量なのが嬉しいポイント!

背面とショルダーには通気性に優れたメッシュ素材を使用しているので夏場に背負っても蒸れにくく快適です。

トゥミ ALPHA BRAVO ノックス

ビジネスパーソンに人気の高い本格派バッグメーカー「TUMI(トゥミ)」のリュック。

エグゼクティブな雰囲気と機能性の高さを両立する希有なブランドです。

こちらは収納ポケットが豊富でタブレット用のスペースも確保する使い勝手抜群のモデル。

マチを拡張できるので荷物が増えた時にも便利です。

トゥミ HARRISON ベイツ

上質なレザーを惜しげもなく使った「TUMI(トゥミ)」のリュック。

スーツともよく合うエレガントな雰囲気が魅力です。

「通勤リュックは欲しいけど、ナイロン素材はちょっと、、」という方に最適。

バックストラップには保護パッドが入っていて背負い心地も申し分なしです。

ブリーフィング SIMPLE FLAP

人気急上昇中のバッグブランド「BRIEFING(ブリーフィング)」のリュック。

ミルスペック(米国の軍用品の調達規格の総称)に準拠した頑丈な作りに定評があります。

フラップ付きですがサイドジップからも出し入れができるので便利!

ミリタリーテイストをシックなカラーでまとめることでビジネスシーンでも違和感なくハマります。

ブリーフィング SQ PACK

アメリカ製にこだわるバッグブランド「BRIEFING(ブリーフィング)」のリュック。

通勤で毎日使ってもヘタれない耐久力の高さが魅力です。

こちらはA4ファイルやノートパソコンも余裕で入る縦長の構造がポイント。

収納ポケットが豊富なのでビジネス小物も分けてすっきり収納できます。

ポーター ユニオン リュックサック

言わずと知れた日本を代表するバッグブランド「PORTER(ポーター)」のリュック。

ポーターの魅力は圧倒的な品質の高さ

こちらはスクエア型のフォルムが特徴で、軽量・頑丈・高機能と三拍子揃っています。

裏地にはPVC加工が施され水に強いのも嬉しい!

ポーター ユニオン 2way リュックサック

トートバッグとしても使える2Way仕様の「PORTER(ポーター)」のリュック。

底部が円形状の作りで収納力に優れているのが特徴です。

素材にはコットンよりも軽量で色落ちしにくいポリエステルキャンバス生地を使用。

こだわりの日本製で縫製もとっても丁寧です。

コロンビア ランドオブピークス20Lバックパック

世界的人気を誇るアウトドアブランド「Columbia(コロンビア)」のリュック。

外側からアクセスできるPCポケットや小物の収納に便利な多数のポケット、ペンホルダーなど優れた機能性が魅力。

ウエストベルトとチェストストラップを備えているのでフィット感も抜群です。

通勤やアウトドア、タウンユースなど毎日活躍する万能バッグです。

サムソナイト LOCUS LP BACKPACK 2

スーツケースのリーディングカンパニー「Samsonite(サムソナイト)」のリュック。

こちらは2気室構造でPCポケットや書類ディバイダーを装備した使い勝手の良さが人気のモデル。

荷物の量に応じて奥行きを調節できる拡張機能も備えています。

驚くほど軽量かつ背面にはメッシュのクッション素材を使用していて長時間背負っても疲れにくいので自転車通勤にぴったりです。

ゼロハリバートン Cycle

アタッシュケースで有名なアメリカのバッグメーカー「ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)」のリュック。

こちらはマチが薄い超スリムな構造が特徴。

邪魔にならずスマートに背負えるのがポイントです。

ペンやスマホを収納する専用スペースを完備するなど使い勝手も◎!

グレゴリー オールデイ

アメリカ・カリフォルニア生まれの定番バッグブランド「GREGORY(グレゴリー)」のリュック。

こちらはタウンユースやアウトドア向けに人気のモデルですがブラックカラーなら通勤用にも◎!

ぴったり身体にフィットする背負い心地の良さが魅力です。

軽くて丈夫で使いやすいのも嬉しい!

パタゴニア Toromiro Pack 22L

ノースフェイスと並ぶアウトドアブランドの巨星「patagonia(パタゴニア)」のリュック。

耐久性、使い勝手などあらゆる面で評価の高いブランドです。

こちらのリュックは口がガバッと開いて荷物の出し入れがしやすいのがメリット。

パッド入りのパソコン用スリーブを装備しているので安全に持ち運べます。

アークテリクス アロー22

本格派アウトドアブランドでありながらタウンユースでも人気の高い「ARC’TERYX(アークテリクス)」のリュック。

中でもこちらの「アロー22」はアークテリクスを代表するモデル

ボディに防水加工が施されているのはもちろん、自社開発の防水ジッパーによって風雨に対して抜群の強さを発揮します。

背面にはクッションパネルを備えるなど機能性の高さはさすがの一言です。

アニアリ バックパック アンティークレザー

高級感のあるアンティークレザーを使用した「aniary(アニアリ)」のリュック。

アニアリの代名詞であるアンティークレザーは、一度使ったらやみつきになる独特のしっとりとした質感が魅力。

素材の良さを前面に押し出したシンプルなデザインはビジネスシーンにフィットします。

もちろん、大人の休日バッグとしても活躍間違いなし!

タケオキクチ ポリカ ビジネスリュックサック 2way

世界的デザイナー菊池武夫が設立したブランド「TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)」のリュック。

英国風のトラッドスタイルが幅広い年代の男性に人気のブランドです。

本革とヘリンボーン織りコットン生地のコンビがカッコよく、大人の通勤スタイルにぴったり。

バックストラップを収納すればトートバッグとしても使える2Way仕様で便利です。

ビクトリノックス Constantine

マルチツールで有名なスイスのブランド「Victorinox(ビクトリノックス)」のリュック。

時計やバッグも幅広く展開しているので、お馴染みの十字のロゴマークを見たことがあるという方も多いはず。

質実剛健な作りに定評があるビクトリノックスらしく、こちらのバッグは耐摩耗性や引裂強度に優れた「デュラテック」素材を使用しているのが特徴。

普段の通勤用としてはもちろん出張にもおすすめです。

ミズノ グラブレザーコレクション バックパック

日本が世界に誇るスポーツメーカー「MIZUNO(ミズノ)」のリュック。

「ミズノ=スポーツ」というイメージの方が大半だと思いますが、実はビジネスバッグにも定評があります。

こちらは各パーツに野球のグラブにも使われるレザーを使用しているのが特徴。

ナイロンとのコンビは高級感があり、耐久性にも優れた高品質バッグです。

まとめ

通勤リュックは毎日使うものなので、デザインにも機能性にも優れたものを使いたいですよね。

ここで紹介したリュックたちはそのどちらの要件も満たすものばかり。

毎日の通勤が楽しみになる(?)お気に入りのリュックをゲットしましょう。

スポンサーリンク